会社員で得た経験と経営者から学んだ仕事に役立つ情報サイト~基本編~

ビジネスパーソン必見!ビジネスを効率化するテクニックとは?

>

資料のデータ化・管理

工夫してデータ資料を作成しよう!

今の時代では、データ管理が主流で、身近な日常でもやり取りが頻繁に行われています。
その理由として、主に以下のようなメリットがあります。
・紙媒体のように、折れたり汚れたりしない
・コンピューター内で編集・保存・共有ができる
・検索機能が備わっているため、検索1つでほしい情報が手に入る
現在では、紙媒体資料をスキャンして読み込み、データ化することも可能です。
プリンターで取り込む以外に、スマホでは、専用のアプリで撮影した資料が、PDFのデータとして保存できます。

一からデータ資料の作成を行う場合には、単純なデータ入力で済むように、あらかじめフォーマットを作成しておくと便利です。誰が入力しても、均一で見やすい資料が作成に仕上げることが可能です。

データ化した資料を活用しよう!

データ化資料の編集・共有を行うことは、ビジネスにおいて基本になります。
現在では、SNSを通じて行うことができるため、スマホ1台で仕事ができる時代になりました。
移動時間を使用して資料を作成したり、共有されたデータを観覧したりすることで、手軽に効率よく仕事を行えます。
さらに、アプリを利用することで、よりやり取りが行いやすい環境となる為、利用することをおすすめします。

そして、確定申告については、2019年4月1日(金)から時提出資料としてPDFデータの使用が認められるようになりました。
後先のことを考えると、データ資料の方が便利で使い勝手の良いものとなります。
先ほどレクチャーした通り、やり方は簡単です。日ごろからデータ管理を行う習慣をつけると良いでしょう。


この記事をシェアする